Hospice

音楽の話がメインの日記帳です。

◆最近聴いてる音楽
 cero / My Lost City [2012]
 Depeche Mode / Violator [1990]
 Nico / Chelsea Girl [1970]
 
えーっと、今更かよ感すごいですけど、ceroの去年のアルバム素晴らしかったですね。
一応ギリギリ年内くらいに聴いてはいたんですが、サラッと聴き流してしまって年間ベストに入れず終いでした。が、今あらためて2012年のベストを選ぶならベスト10くらいには入りますねこれ。なんてったって、去年の12位に選んだ(参考:30 Best Albums Of 2012 [20-11])スフィアン・スティーヴンスのクリスマス・ボックスよりも明らかに良いです。

ceroとスフィアン・スティーヴンスは、ある特定の場所(その実在・非実在はさておくとして) をモチーフとして幻想的なチェンバー・ポップを奏でるアーティストである点で共通するものをもっているけど、ceroの今作は48分とコンパクトなのがスフィアンと大違い(最近こればっかだな俺)。こんなに曲の書けるバンドなんだからもっと詰め込もうと思えば詰め込めただろうになあ。
聴き終わったあとに猛烈な寂しさを感じてしまうのは最後の歌詞のせいだろうか。「船上パーティー」(この曲最高)なんかがあったあとに、「海が出てくる夢を見ていた」って歌詞が繰り返されるのくっそエモいんですけど。
あと、ヒップホップっぽい曲が前作より少ないのは個人的にはありがたい。笑


◆昔のアルバムばっかり聴いてしまってあまり新譜買っておりません。音源自体は結構チェックしてるんですけどいまいちピンとくる奴が少なくて。「おっ、これは良さそう」ってやつを控えてはいるんですけど購入に至らず・・・。

そんな中で、これだけは予約済みってのはやはりDavid Bowieと、そしてDaughterの新譜ですね。

プロダクションにThe xxっぽさが増してる気がしますね。どんなアルバムになるのかホント楽しみです。4曲入りのEPでは見せられなかった別の顔が見られたらいいな。リリースは3/26。


あとはずいぶん前からゆるやかに続いてるマイブームに乗っかって、Red House Paintersに並ぶスロウコアの重鎮、Lowの新譜も買うつもりでいます。
Wilcoのジェフ・トゥイーディがプロデューサーなんですがまさにそんな感じ!のかなり聴きやすいサウンドになってまして、スロウコアっぽさはかなり後退してるとも言えるんですけど、ウィルコも好きな僕としてはどっちでもいいです。Red House Paintersの「Old Ramon」がそうであるように、スロウコアが好きじゃない人でもいけるアルバムになりそうな予感。この曲はDL可です。

去年公開済みのこっちの曲(https://soundcloud.com/subpop/low-just-make-it-stop)も良い。これもDL可。
アルバムのリリースは日本先行の3/13。Amazonだと今のところ国内盤のほうが安いですね。




◆映画の話1「ムーンライズ・キングダム」
少し前になりますが、見て来ました。周りに面白いって言ってた人が多かったという理由で、どんな映画なのか全く知らずに見に行ったわけですが、小さな島で起こる少年と少女の駆け落ちをコミカルかつチャーミングに描いたどこかお伽話のようなよく出来たお話でした。
少し賢くてマセた子供が活躍するストーリーって基本的には好きなんですが、これはどうも僕のストライクではありませんでしたね。面白かったけど、好みじゃなかった。演出のあざとさとか甘ったるさとか、相性の問題だと思う。


◆映画の話2「ジャンゴ 繋がれざる者」
で、もう一本見てきたんですけど、こちらとの相性は完璧でした。タランティーノ最新作は西部劇。とは言っても勿論普通の西部劇ではなくて、主人公ジャンゴは元奴隷の黒人カウボーイ。
タランティーノの映画の作り方って、王道と見せかけてそれを裏切る・の繰り返しなので、見る側ももうそれは分かっているわけです。「そろそろストーリーに一区切り付くな」と観客が思う頃に、次のバカみたいな展開を用意しているので非常に信頼が置けます。それを延々と繰り返した結果が165分という本当にバカみたいに長い上映時間になるわけですが、その間まったく退屈する瞬間がないので問題ないのです。ナンセンスなバイオレンスシーンはかなり多いですが、どのシーンもかっこ良すぎて痺れるし、挿入歌の使い方もニヤニヤしてしまうくらい完璧で、どこを取ってもサイコーでした。個人的に、交渉事をカッコよく描ける作品はそれだけで気に入っちゃうんですが、ディカプリオのお屋敷でのシーンは個人的ハイライトでした。
あとこの映画、ダイナマイトで派手にぶっ飛ばすシーンが3箇所ほどあるのですが、全部CGナシで作っているらしい。タランティーノ本人が出演するシーンでも派手に爆発が起こるんですけど、これもクソ面白くて爆笑してしまった。もう一度言います、サイコーでした。


 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット