Hospice

音楽の話がメインの日記帳です。

E-4クリア
最近は某艦隊育成ブラウザゲームと、あとは何と言っても日本シリーズの応援に余暇の時間を突っ込んでしまってあんまり音楽聴いてなかったりするのですが、それでもいい音楽は常に生まれているんですね。というわけでもう11月ですが10月を一応振り返っておこうかと思います。

日本シリーズは最高に面白かったな―! 僕は楽天イーグルスファンなのですが、どれも好ゲームで楽しかった。タイムリーエラーやデッドボールが多くてシリーズらしくない局面もあったけども、両チームとも投手が面白かったですね。言うまでもなく田中・則本・美馬らのイーグルス投手陣の好投は胸がすくような思いだったけど、巨人の中継ぎ陣は普段セリーグの試合をほとんど見ない僕からしたら結構衝撃でした。特に山口。

田中将大投手には来期は是非メジャーのユニフォームを着て大活躍してもらいたいですね。たらればを言えば、来年イーグルスに入団するであろう松井裕樹投手に、田中と同じユニフォームを着るシーズンを経験してもらいたかった、という思いはありますが。田中が岩隈に学び、則本が田中に学んだようにね。
何にせよ見応えのあるシリーズをありがとうございました!




-----------------------------
最近聴いてる音楽ですが、まずはご多分に漏れず Arcade Fire の新作は聴きました。当然のごとく素晴らしいアルバムで安心しました。「Afterlife」は初めて聴いたとき感動し過ぎて泣きそうでした。

 ♫ Afterlife / Arcade Fire


あとは Jesu の最新作「Everyday I Get Closer To The Light From Which I Came」 が素晴らしかった。素晴らしく僕好みだった。
ジャンル的にはこれもメタルになるんだろうか? オルタナでシューゲイザーで、そしてスロウコアだなと思いました。そして徹頭徹尾、肌触りが温かくて綺麗。1曲目「Homesick」は、「毎日、僕がやって来た光のほうへ近づいていく」という不思議なアルバムタイトルの幕を切って落とすにふさわしい名曲。歌詞を読むと、これもまた非常に抽象的ながら「何処か帰るところへ向かっていく」というテーマは揺るがなくてグッときます。
あと、4曲目「The Great Leveller」は17分28秒という大曲なのですが、これまた飽きさせない展開と美しすぎるストリングスが最高。ストリングスが入ってる曲って、僕の場合は「大好き」か「大嫌い」に別れるんですがこれはバッチリでした。 ちなみに、アルバムトータルでは42分少々という適切な尺なので安心です。

 ♫ Homesick / Jesu


次、これは発売直後に注文して2ヶ月くらい待たされてようやく届いた、Holy Ghost! の新譜。
お洒落なシンセポップはどちらかというと苦手なんですが、これはダサいシンセポップなのでOKです。そこまでDFAっぽいわけじゃなくて、ニューウェーブ臭が強烈。名盤て感じではないけどアタマからっぽでノれるいい感じの出来でした。

 ♫ Dumb Disco Ideas / Holy Ghost!


それと、これは今日 Bandcamp から DL したばかりでちゃんと聴けてないんですがいい感じのバンド。
Way Yes というアメリカはオハイオ州コロンバス出身のバンド。サックスやトロンボーンを交えたマルチ・インストゥルメンタルでサイケ、トリッピーな雰囲気が良さげ。 




最後に、先日亡くなったルー・リードについて個人的な話をひとつだけすると、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのは高校の頃の友達に勧められて知ったバンドでした。当時は、洋楽を聴くようになっていわゆる「昔の名盤」的なアルバムに手を出しはじめた頃。ビートルズとかクイーンとか、あとはクラッシュとか聴いてたと思います。そんな中聴いたバナナ・アルバムは僕にとって初めてぶち当たった「理解できない名盤」でした。その後何回か聴いてみて「Sunday Morning」とか「I'm Waiting For The Man」 なんかはわかりやすくポップだし良いなと思うようになったけど。
何年か経って、かつてはメロコアとガレージリバイバルくらいしか聴いてなかった僕がポストロックとかサイケみたいなのを聴くようになって、久しぶりに「Heroin」を聴いたときは本当に衝撃的でした。 そうか、全てはVUから始まったのか、みたいな。「このために僕は音楽を聴いてきたんだな」とまで思うくらい感動しました。ブライアン・イーノはが言ってたのはこういうことなのかと。

個人的にはルー・リードのソロ作にはそこまで思い入れがなく、どちらかといえばジョン・ケイルの方が好きなんですけど、偉大な音楽家をまた生で見ないうちに失ってしまったなあと、訃報を聞いた日は一日ブルーでした。どうか安らかに。 ポール・マッカートニーはまた生きてるうちに来日して下さい・・・。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット