Hospice

音楽の話がメインの日記帳です。

 最近は、随分前にiTunesに入れたままろくに聴かずに放置していたグリッチ系アーティスト(Goem、SNDなど)のアルバムをいくつか聴いていて、去年のFenneszはともかく、こんなビートもメロディもハーモニーも無いものを何の疑義もなく「これは音楽である」と思い込んでいる自分が、なんだか不思議な気分になるのでした。
 2014年に聴いたものですごく心に残っているのが、Neurosisというメタルバンドが1999年にリリースした『Times of Grace』というアルバムです。かつてUKロック大好きっ子だった僕にとってUKロックの対義語であったメタルに対して、いまや何の抵抗もなくなっており、これは単純に嬉しいことです(同時に、聴きたい音楽に全く手が回っていない今の状況の遠因でもあるわけですが)。そんな中で、音楽以外のカルチャーもいい感じに消費しつつ、けっこう満足のゆく豊かな生活を出来たのが僕の2014年でした。UK発のロックに心動かされることは昔ほど多くないけども、 Happyness という素敵な出会いがあったり。あっちもこっちも、ぜんぶいいなー、という感じの感想ばかり浮かんできます。そんな感じなので、いままで以上に、あえて偏見と偏愛をもって音楽を聴いていきたいなと思うようになったのも2014年でした。


 その僕の偏愛をいま一手に引き受ける男の名前をマーク・コズレックといいます。彼は3/17にサン・キル・ムーンとして来日が決まっております。彼は2008年にレッド・ハウス・ペインターズ時代も含めて初の来日を果たし、2012年に2度目の来日ツアーを行っておりますが、今回は初のバンドセットでの来日ということで、いつものアコギ弾き語りおじさんでない表情も見られるのが楽しみでなりません(とか言いつつ僕は今回が彼のライブ初体験)。




10 Best Tracks of 2014 (曲名/アーティスト名(form "アルバム名"))
※曲名クリックで試聴リンクへ
◆10. Lonely Richard / Amen Dunes (from "Love")
◆9. Healthy Life / Woodsman (from "Woodsman")
◆8. Ambulance City / Pink Mountaintops (from "Get Back")
◆7. Palace / The Antlers (from "Familiars")
◆6. Diamond / Koji Nakamura (from "Masterpeace")
◆5. VHS Dream (Teenage) / Bradford Cox (from "Teenage (Original Soundtrack)")
◆4. Ain't That Easy / D'Angelo & The Vanguard (from "Black Messiah")
◆3. Kim / Ryan Adams (from "Ryan Adams")
◆2. 見えないルール (vocal ver.) / OGRE YOU ASSHOLE (from "見えないルール EP")
◆1. Ben's My Friend / Sun Kil Moon (from "Benji")

 これは確実にオウガの影響なのですが、サイケなの(⑩)とかクラウト・ロックっぽいの(⑨⑧)には簡単に股を開いてきた2014年でした。あとはトランペットやサックスの音が上手くハマってる曲(⑦①)にもめっぽう弱いのですが、いざ来日ライブとなるとその辺の楽器の奏者は来日に同行しないなんてことがたまにあるので勘弁してほしい。サン・キル・ムーンの今回の来日でもこの曲はやってくれるかどうか・・・。アントラーズのピーター・シルヴァーマンは僕がこの世で最も好きなボーカリストのひとり。⑥気まぐれで手にとった元スーパーカーのナカコーのソロアルバムはこの曲にかぎらずクオリティが高くて、音楽をたくさん聴いている人の作品という印象を受けました。リンク先はライブ映像のダイジェスト版のみ。⑤ブラッドフォード・コックスは昨年映画音楽家デビューを果たしたわけですが、ディアハンター名義のこの曲のセルフ・カバー(リアレンジ?)は原曲にかかった靄を取り払ってただひたすらにエモーショナル成分をふりかけたような涙腺直撃の一曲になっていて最高でした。④ディアンジェロのアルバムはどの曲も完璧だったのですが、そのヤバすぎる世界の入り口としてすさまじい衝撃を残したこの曲は2014年のベスト・トラックのひとつに挙げないわけにはいかない。③ライアン・アダムスのこの曲もひたすら最高だった。欠点もあるけど最高。②は12インチ収録のバージョン(リンク先はダイジェスト試聴のみ)。積極的にアナログレコードを聴くようになったのも2014年から。
 上記リンクは出来るだけスタジオ音源のものを貼りましたが、ライブ音源も最高なのでちょっとオマケで貼っておきます↓






3 Favorite Movies of 2014
◆3. 思い出のマーニー
◆2. ウルフ・オブ・ウォールストリート
◆1. ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
 2014年はいつもよりたくさん映画も見たけど、新作よりは昔の映画のほうが多かった。劇場で見たものの中では『ネブラスカ』が断トツで一番良かったです。サン・キル・ムーンの新譜もそうだけど、僕はこういう「枯れた男にそれでも残る意思」みたいな物語が本当に大好きなんだなあ。いや、そんな一言で括るには勿体無い素敵な映画でした。 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット